+214

・Name

Ruwanthi Gajadeera (Ru)

ルワンティ ガジャデーラ

・Country

Sri Lanka

スリランカ

・School

Academy of Design

・Company

Hirdaramani Discovery Labs

・Age

25

 

・Impressions of participating in a contest

A billion thoughts raced through my brain as I developed these garments, once I got the fabrics I was very excited and anxious at the same time because I usually work with cotton fabrics this competition gave me the opportunity to hone my skills to work with a fabric which I would not usually find here in Sri Lanka. The competition allowed me to really appreciate the small details of Futakoshi Chirime and it also meant no instant do-overs when I pick up and leave again. This time mattered, and that made me nervous.

生地を手に取った際、とても興奮しましたが同時に不安にもなりました。普段、綿の生地を使って仕事をしている私にとって、このコンペティションでは、スリランカでは見られない生地を使って仕事をするためのスキルを磨く機会となりました。二越ちりめんの細かな部分にまで気を配ることができましたし、何度も手に取っては離し、やり直しのきかない作業でしたがこの時間が重要であり、とても緊張感がありました。

 

・Highlights of your design and work

肉体の存在はそこにあっても心と言うものは一瞬の間に色々な気持ちが入れ替わります。

この洋服も着ていると言う存在感があっても一瞬一瞬でその表情が変わっていきます。

 

My vision has been about exploring sustainable fashion avenues and practices since the very beginning. I seek to incorporate heritage and sustainable methods to support slow fashion and to produce eco-friendly garments. Therefore, I was able to connect with the silhouettes especially because cultural and historical significance Chirimen fabrics have. I was able to realise my concept with careful sculpturing and sewing and I managed to upcycle waste fabrics and incorporate them into these silhouettes.

 

私のビジョンは、当初からサスティナブルなファッションの道や方法を模索することでした。伝統と持続可能な方法を取り入れ、スローファッションをサポートし、環境に優しい服を作ることを目指しています。そのため、特にちりめんの生地が持つ文化的、歴史的な意義をシルエットに繋げることができました。丁寧な彫刻と縫製で私のコンセプトを実現し、廃材をリサイクルしてこのシルエットに取り入れました。

+214